カテゴリー別アーカイブ: エトセトラ

【レポート】「漆器フロールポリーで珍しい果実を楽しむ一期一会」へ

9月30日はデザイン漆器、FLOREPOLIE(フロールポリー)を器にして珍しい果物やお酒をいただくというイベントに参加しました。

フロールポリーとは

フロールポリーは日本の伝統工芸を今に活かした新しい使い方を提案するサイスイクラフトさんによる漆器プロダクトです。越前で200年余りの歴史のある漆器工房と連携して、日本で古くから受け継がれてきた乾漆技法で制作されています。越前の職人さんが1点1点丁寧に漆を手塗されている、やさしい質感が手に馴染みます。

漆器は扱いが難しいのかなというイメージを持っていましたが、やわらかいスポンジで食器用洗剤で洗って布巾でしっかりふけば良いそうです。普段使いも考えられていますし、プレゼントにも良さそうです。

イベントの内容

【FLOREPOLIE × KO-KI-TOKYO × イタリアン・シェフ】というトリプルコラボレーションイベントで、一般的なスーパーなどでは見かけないような、珍しい果実をKO-KI-TOKYOさんが提供されて、フロールポリーを器にイタリアンレストランのシェフが魅せる盛り付けをされました。

見て楽しい、食べて美味しい、秋も感じる至福の時間!

佐賀県唐津市で生産者さんが大事に大事に育てたという黒いちぢくは蜜があまくて濃厚でした。

ブラックビートというぶどうとシャインマスカットもいくらでも食べられてしまう感じ。

はじめていただいた食用のほおずき「太陽の子」はパイナップルのような風味とさわやかな酸味とちょうどいい甘さであとをひいて、私は10個はいただいた気がします。

コースターには書家 中塚翠涛さんが書いたフロールポリーのロゴがプリントされていました。

こだわりをもって丁寧に育てた美味しい果物とフロールポリーで参加されたみなさまともお話ししながらゆったりとした午後のひとときを過ごしました。

【ご紹介】箱根細工職人・二宮義之さんの作品集

昨年、弊社で主催したイベント「モノともの」にご出展いただいた、「からくり創作研究会」さんから、箱根細工職人・二宮義之さんの作品集が5月に出版されたとのことで、お送りいただきました。

数多くの作品の写真や資料、インタビューなどが日本語と英語で掲載されています。

「からくり箱」は神奈川県の小田原・箱根地方に古くから伝わる工芸品「秘密箱」をベースにして、からくり創作研究会の職人がそれぞれアイデア、趣向を凝らし、現代風にアレンジしたものでひとつひとつ、仕掛けが施されていて、簡単には開かない箱は国内外にファンがいらっしゃるそうです。
二宮さんは作品づくりは平成28年末で引退なされましたが、70年もの間、制作に励んでこられたとのことです。

2017年7月15日(土)から9月17日(日)まで「からくりパズルフェスタ2017」を開催中で、からくりパズル工作教室をはじめ、様々なイベントが企画されています。最終日の9月17日(日)にはHaRuNe小田原 ハルネ広場で二宮義之さんのトークショーも開催されるそうです。

詳しくはからくり創作研究会のホームページをご覧ください。

【お知らせ】夏季休業について

Baby, I love you Inc.は、誠に勝手ながら下記期間を夏季休業とさせていただきます。

夏季休業期間:2017年8月11日(金)~8月15日(火)

※期間中にいただきましたお問い合わせについては、2017年8月16日(水) 以降、対応させていただきます。

ご不便をおかけしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

【レポート】オーダーメイドで手帳を作る「ネットde手帳工房」サービス発表会へ

6月29日は、ネットで手帳をオーダーメイドできるサービス、「ネットde手帳工房」の発表会にお招きいただきました。
このサービスは文具工作師 小野忠さんが、キャノンITソリーュションズ株式会社さんの社内ベンチャーとして立ち上げたプロジェクトで、ここまで2年がかりで企画からサービスの立ち上げまで準備してこられたそうです。

会場は品川のキヤノン S タワー28階。夜景もきれいなすてきなところでした。
文具マニアのブロガーさんたちが大勢ご招待されていて、どうやらみなさん、文具朝活や文具イベントなどでほとんどの方が顔見知りのようで、和気藹々とした雰囲気でした。
みなさん、ご存知ですか?文具朝活というものを!文具の世界が熱いことを!
文具にあまり興味のない私を前に、先日、小野さんは直々に3時間くらい語ってくださいました。文具とひとことで言っても、手帳、万年筆、ペンなどと専門分野があるそうです。私は3時間、文具にまつわるお話しを伺って、書く道具に興味が湧きました。

「ネットde手帳工房」でなにができるの?

「ネットde手帳工房」は、自分好みにカスタマイズしてレイアウトした手帳、「ワタシメイド手帳」がオーダーメイドで一冊からつくれるというサービスです。
A5縦サイズ全200ページをテンプレートから選んでもレイアウトしていくのもよし、自分でデザインしたデータをアップロードして取り込むこともできるそうです。スケジュール帳のカレンダーは何月からのスタートにしても良いし、それは1年分に限らないし、スケジュール欄が必要なければ削除してしまうこともできます。私はWebサービスでスケジュールを管理しているのでスケジュール欄はいらない派です。


レシピを記録していくページ。お気に入りのメニューですとかお母さん直伝の料理のレシピなどをためていくのも良さそうですね。


この大きな枠のレイアウト、使い勝手が良さそうです。

既存の手帳の課題と「ワタシメイド手帳」のメリット

様々な働き方、暮らし方、趣味を持ったライフスタイルが多様化した現代は、手帳に書き留めておきたいこと、管理したいこと、こうだったらいいなというレイアウトは千差万別で、手帳ユーザーの6割が不満を持っているというデータもあるのだそうです。
既存の手帳は1月はじまり、4月はじまりのもので大量生産されていて、売れ残れば最終的に廃棄処分されますが、「ワタシメイド手帳」は一冊からの受注生産なので売れ残って処分されることもないです。エコの観点からも良いですね!

カバーの付属はなし

「ワタシメイド手帳」には手帳カバーは付属されていないので、必要な場合は自分で用意することになります。会場にはアトリエカッコさんの柿渋のカバーや、retelaさんのインドの「ブロックプリント」作業時に廃棄される布をアップサイクルしたカバーなどがサンプルとして展示されていました。今後、コラボできる取引先も開拓したいといったお話しもありました。ファッションブランドさんなどとのコラボも実現していくとおもしろそうです。

サービス開始は2017年9月4日から

「ネットde手帳工房」のサービス開始は2017年9月4日からですが、6月29日からサイトで手帳デザインができるそうです。価格は送料、税込で5,400円とのこと。オーダーメイドがお好きなみなさま、一冊、作ってみてはいかがでしょうか!
ネットde手帳工房 公式サイト
https://techo-kobo.net/


会場にはミニチュア手帳イヤリングを手作りされた方がいらっしゃいました!完成度がすばらしいです!!


小野さんと記念撮影していただきました。小野さん、サービス発表、おめでとうございます!サービス開始を楽しみにしています。

【2017年 新年のごあいさつ】

謹んで新年のお慶びを申し上げます

旧年中はご厚情をいただき誠にありがとうございました

みなさまのご健康とご繁栄を心からお祈り申し上げます

本年もなにとぞご指導とご鞭撻のほどお願い申し上げます

平成二十九年 元旦

Baby, I love you Inc.

代表取締役 小澤 恵



1月5日(木)より始業いたします。

今年もよろしくお願いいたします。

【お知らせ】年末年始の営業日のご案内

株式会社ベイビーアイラブユーの年末年始の営業日をご案内いたします。
甚だ勝手ではございますがご了承くださいますようお願いいたします。
本年中のご愛顧に心より御礼申し上げます。
明くる年もよろしくお願い申し上げます。

平成28年
12月28日(水) 平常通り営業
12月29日(木) 休業
12月30日(金) 休業
12月31日(土) 休業

平成29年
1月1日(日) 休業
1月2日(月) 休業
1月3日(火) 休業
1月4日(水) 休業
1月5日(木) 平常通り営業
*12月29日〜1月4日はお休みとさせていただきます

【ご紹介】10/1より津村耕佑氏が「Reminder F・H・」展を開催します

2016年10月1日より、ファッションデザイナー 津村耕佑(Kosuke Tsumura)氏は、東京を拠点に国内外で活動するファッションブランド、NOMA t.d.(ノーマ ティーディー)のショップにて「Reminder F・H・」展を開催します。
期間中、会場では津村耕佑による、ブランドのあり方やブランドの記号性といったことの意味を問うアートピースを展示します。またNOMA t.d. によるこのイベントのために企画した限定商品を販売します。
*津村耕佑氏の新作商品の発売などはございません。あらかじめご了承ください。

弊社はこの企画のサポートをしています。ぜひお運びください。


Reminder F・H・

「表生地と裏生地の隙間に未来を詰め込む事、記号は消滅しコンセプトは開放されます!」津村 耕佑

津村耕佑はファッションブランドのデザイナーをつとめながらアートフィールドでも活動を続け、常に生き方やものづくりのあり方に独自の方法論で問いをなげかけてきました。
期間中、会場では津村耕佑による、ブランドのあり方やブランドの記号性といったことの意味を問うアートピースを展示します。
またNOMA t.d. によるこのイベントのために企画した限定商品を販売します。

reminderfh_press

「Reminder F・H・」
■日時:10月1日(土)、10月2日(日)、10月8日(土)、10月9日(日) 12:00~19:00
■オープニングレセプション:10月1日(土) 16:00〜19:00
■場所:NOMA t.d.
〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-4
tel 03 6427 3696

■ 津村耕佑(Kosuke Tsumura) プロフィール
Art director / Fashion designer / FINAL HOME project 主催 / 武蔵野美術大学空間演出デザイン学科教授 / 文化服装学院ファッション工芸専門課程非常勤講師
ファッションとアートの分野で国内外で活動し、パーティー形式のファッション勉強会「編装会議」も主催している。
ホームページ http://www.kosuketsumura.com

■ NOMA t.d.
野口 真彩子と佐々木 拓真が手掛けるウェアブランド。
2005年にスタート以降、ハンドドローイングを生かした個性的なテキスタイルと、シンプルな中にデリケートなディテイルを加えたデザインで、独自の世界観を表現しています。洋服の作り手としての活動のみならず、様々なスペースにてアートワークの展示なども積極的に行っています。 2008年にはプロダクトライン「NŌMA COUNCIL」を設立。世界各地のクラフト技術を取り入れたユニークかつモダンなプロダクトもプロデュースしています。
ホームページ http://www.nomatextiledesign.com/

Reminder FH

【レポート】両国 nuuiee(ヌーイー)さんで撮影しました

先日、両国のシェアファクトリー、nuuiee(ヌーイー)さんの撮影スペースをお借りして商品撮影をしましたのでご紹介します。

ヌーイーさんは大江戸線両国駅から徒歩10分ほどの場所にあります。アパレルのデジタルファブリケーション機器やミシン等がそろったシェアファクトリーですが、施設内に撮影スペースもあります。デジタルカメラの貸し出しもあります。

nuuiee

ヌーイーさんの施設内の様子です

nuuiee

こちらはアクセサリーやバッグ、靴、雑貨といったものの撮影に適していると思います。天井が低いので頭上注意です。ぶつかっても痛くないようにクッションでカバーされていますが、私は不注意でなんどか頭をぶつけました。

nuuiee

設備はこういったものです。芝生風のカーペットもいい感じです。
今回はデジタルカメラとレフ板を持参して撮影しました。料金は二人で2時間利用で1,296円でした。

nuuiee

弊社では撮影のご相談も承りますので、どうぞお気軽にお問い合わせください!

【ご紹介】Vermikko Booksさんがrooms33でインスタレーションを行います

海外若手アーティストを中心にアートブックを扱うVermikko Books(バーミッコ・ブックス)http://vermikkobooks.com/ さんが、 2016年9月14日(水)~ 9月16日(金)まで、国立代々木競技場第一体育館で開催のrooms33 DRAMA AREAにてインスタレーションを行います。
弊社は展示の協力をしました。
Vermikko Booksさんが取り扱うアートブックやZineをもちいた印象的な展示を会場でぜひご覧ください。

vblogo

Vermikko Books

Vermikko Books

■ rooms 33 開催概要
名称:rooms
主催:アッシュ・ペー・フランス株式会社
会期:rooms33 2016 年9 月14 日(水)~ 9 月16 日(金) / AM10:00~PM6:00(予定)
会場:国立代々木競技場第一体育館  〒150-0041 東京都渋谷区神南2-1-1
参加ブランド数:約500ブランド(予定)
出展募集アイテム:レディースウェア/メンズウェア/ユニセックスウェア/靴/バッグ/帽子/アイウェア
時計/アクセサリー/ジュエリー/キッズ/デニム/プロダクト/伝統工芸/地場産品/食品/etc.
入場料:無料
対象:国内外のバイヤー・プレス関係者
ホームページ:http://www.roomsroom.com/

■Vermikko Booksについて
Zineを製作しつつ都内の独立系書店に勤務を経て渡仏。帰国後、美術を学びたいと数年間必死に貯金に励むが願書が届かず、ふと思い立って、 スイスの出版社にコンタクトしました。その後、来日時アシスタントを務める機会に恵まれるなどして、ロンドンのおすすめの7つの書店を教えてもらい、実際訪ね…帰国後さっそく小さなオンラインをはじめました。
ホームページ:http://vermikkobooks.com/

【レポート】伝統工芸品「からくり箱」の産地へ

先日、「モノともの」 Pop-up Store @Paddlers Coffeeで作品を販売させていただいた、からくり職人の岩原宏志さんをたずねて小田原へ行ってきました。小田原は私の地元でもあります。

■ 「からくり箱」とは?

古くから、小田原・箱根地域ではさまざまな木製品が作られてきました。日本の伝統工芸品として寄木細工は有名なのでご存知の方も多いかと思います。「組み木」や「秘密箱」など仕掛けが施されたものもたくさんあります。
「秘密箱」は「からくり箱」のベースで、伝統的で四角い形の表面をスライドさせて開ける仕掛けが施された箱です。着色はほとんどせずに木の持ち味をいかした作品が多いです。
外形や仕掛けの種類にかかわらず、小田原・箱根地域に伝わる伝統技術や歴史的財産を基礎にして趣向をこらした仕掛けを仕込んで、開け方を楽しめるようにした作品が幅広く「からくり箱」と呼ばれています。
岩原さんは「からくり箱」を創作する職人集団、「からくり創作研究会」に所属しています。

モノともの_からくり創作研究会
「モノともの」 Pop-up Store @Paddlers Coffeeで展示販売した「からくり箱」

■ 「関所からくり美術館」のご紹介

はじめに岩原さんの小田原の工房をたずね、そして「からくり創作研究会」の作品を販売している箱根のお店と「関所からくり美術館」を案内してもらいました。
復元された「箱根関所」のすぐ近くにあって、からくりの歴史紹介や古くからの作品や現代の「からくり創作研究会」の作品が数多く展示されています。

箱根関所からくり美術館

触って遊べる「遊びコーナー」、実物大のからくり家具の部屋、からくり秘密箱のつくり方が体験できるコーナーもあります。

箱根関所からくり美術館
家具のひとつひとつに仕掛けが施されています。こんな部屋があったら楽しそう!

「関所からくり美術館」の向かいには館長の丸山皓史さんのお店、「箱根丸山物産」さんがあります。この日は丸山さん自ら、タイからの留学生を前に実演をしていらっしゃいました。

からくり箱

小田原・箱根地域の「からくり箱」は日本国内だけでなく世界中に熱烈なファンの方がいらっしゃるそうです。私が小田原へ行った前日にはイギリスからお二人、岩原さんを訪ねていらして、宅配便で送るほどまとめて購入されたのだとか。

どうにかしないと開かない箱。どこが蓋でどこをどうやったら開くのか、一見しただけではわからない箱。1点1点、職人の手でつくられた木のぬくもりを感じるユーモアあふれる作品の数々。その魅力をみなさんにご紹介したいと思って「モノともの」でもピックアップしました。今回、製作の現場も拝見してあらためて魅力を感じました。

■ 番外編 「箱根関所」のご紹介

「関所からくり美術館」のすぐ近くに復元された「箱根関所」は観光名所となっていました。2007年春から全面公開された「箱根関所」が現在の場所に置かれたのは江戸時代の初期といわれているそうです。「遠見番所」へ続く階段は60段ほどあって息があがりましたが、芦ノ湖が一望できる絶景ポイントでした!

箱根関所