月別アーカイブ: 2015年6月

【レポート】Think of Fashion 特別編「原宿史」ファッション、カルチャーの変遷 レオン、ピテカントロプス、FRUiTS、そしてコロモザ

2015年6月で原宿のfashion laboratory coromozaが2周年を迎えられました。
私は洋裁教室に通ったり、イベントに参加したり、また開催の協力をしているFashion Biz Studyをcoromozaで開催させていただいたりとお世話になっています。

coromoza

ホームページ:http://za.coromo.jp/

その2周年を記念したイベントが6月27日(土)に開催されました。
残念ながら、所用があって第1部までしか参加できなかったのですが、Think of Fashion 特別編「原宿史」ファッション、カルチャーの変遷 レオン、ピテカントロプス、FRUiTS、そしてコロモザのレポートです。

原宿は、1960年代の原宿族の出現以降、80年代のホコ天ブームや竹の子族の登場、竹下通りの隆盛、DCブランド・ブーム、そして、90年代のストリートファッションや裏原宿の展開、2000年代のファストファッションの台頭など、常に若者のファッションをリードしてきました。

新しいブランドの一号店は、原宿を拠点に展開されることが多く、人々の興味関心を先回りする形で街が形成される特徴があります。一方、裏路地に入れば、レトロなビルや個性的な古着屋などがあり、原宿の懐の深さを実感します。

今回のThink of Fashion 特別編では、原宿の歴史を、原宿のファッション、カルチャーを担ってきた方々と原宿について研究されている方々をお招きして、シンポジウム形式で考えていきます。

選曲家で、日本におけるクラブの発祥といわれた「ピテカントロプス」を作られた桑原茂一氏、
スタイリストで2014年に「70’s 原風景 原宿」展を主催された中村のん氏、
原宿ファッションのムーブメントを記録した雑誌「FRUiTS」を発行された青木正一氏、
ストリートのファッションにお詳しい共立女子短期大学准教授の渡辺明日香氏、
原宿地区がファッションの街へと変容した要因を研究している立教大学社会学部助教の三田知実氏らを、お招きします。

1部は渡辺明日香氏による原宿のファッション史をお話していただきます。
2部は、三田知実氏がモデレーターを務め、1部の話を受け、原宿をファッション、カルチャーの変遷からたどり、当事者ならではの視点と、研究者からの洞察とともに、原宿のこれからもふくめて考えていきます。

これほどの登壇者が集り、原宿を考えるまたとない機会です。皆さまのお越しお待ちしております。

原宿史

 

続きを読む

【レポート】女性起業家サポートラウンジ 第2回「しごとデザインLab」

「しごとデザインLab」というワークショップに参加しています。その第2回目のレポートです。
昨年秋に受講した、東京都中小企業振興公社の女性起業コースに関連して受講しています。
第1回目のレポートはこちらをご参照ください。

東京都中小企業振興公社

1. 第2回 2015年6月24日(水)の内容

講師:佐々木 博さん
HP:soanblog創庵 – Inspire Garden 思考の庭に創造の種を蒔こう!  http://soan.jp/

しごとデザインLab

「あなたらしさをビジネスに変えてゆく」、4週にわたって計4回、開催される、「しごとデザインLab」

「自分ならではのしごと」を作っていくために
・私が持っているスキルや経験、得意なことはなんだろう?
・私が好きなこと、やりたいことってなんだろう?
・社会の多くの人が求めているもので私が提供できることってなんだろう?
このようなことを見つめていきます。

続きを読む

【レポート】「山口小夜子 未来を着る人」展

東京都現代美術館で6月28日(日)まで開催中の展覧会「山口小夜子 未来を着る人」に行ってきました。

sayoko_yamaguchi

1970年代初頭より、アジア人初のトップ・モデルとして世界を舞台に一世を風靡するとともに、国内に向けても日本女性の新たな美を提示した山口小夜子。 彼女が晩年の数年間、若い世代の表現者たちと、ファッション、音楽、映像、演劇、朗読、パフォーマンス、ダンスなどが混在する実験的な試みを行っていたことは、これまで十分に紹介されてきませんでした。 本展覧会は、彼女の生涯を振り返りつつ、常に時代の先端を走り続けたその遺伝子を未来へと渡すものです。 その軌跡を通して、世界を視野に独自性を形成していった70年代以降の日本文化の、極めて重要な一断面が明らかになるはずです。

本展はふたつの要素が入り組んだものとなります。

ひとつは、コラボレーションを通じて、世代やジャンル、東洋と西洋、オーバー・グラウンドとアンダー・グラウンドなど、異なるものを繋ぎSAYOKOというひとつのジャンルを打ち立てたと言うべき山口小夜子の軌跡を、アーカイヴとともに辿るものです。

もうひとつは、宇川直宏、山川冬樹、生西康典、掛川康典、エキソニモという、彼女の身辺で活動した後、現在のシーンにおいて大きな影響力を持つ先端的な表現者たちが、小夜子に捧げる新作インスタレーションです。 また、小夜子の急逝の直前に、新聞紙上で往復書簡を予定していた森村泰昌も、彼女に捧げる新作を出品します。

小夜子自ら自由にリメイクし愛着を伝える旧蔵の服など、「ウェアリスト(着る人)」と名乗った彼女の美意識も存分に紹介します。

小夜子の声、姿、気配が充満する空間で、彼女の未だ終わらない物語を体感してください。

展覧会|東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/sayokoyamaguchi.html

sayoko_yamaguchi

私はお恥ずかしいながら、山口小夜子さんについて
・黒髪におかっぱスタイルでミステリアスな雰囲気と圧倒的な美と力を持つ、1970年代からトップモデルとして世界のモードを席巻
・幅広いアーティスト活動も行っていた
といった程度の知識しかありませんでした。

小夜子さんのモデル以外の活動、ご自身がデザインされた舞台衣装や、2007年に急逝するまでの数年のあいだに、若手のアーティストなどととコラボした、ファッション、音楽、映像、文学、舞踏などの様々なパフォーマンスの軌跡に触れることができました。

sayoko_yamaguchi

小夜子さんの不在によって、その存在を強く意識させられる作品でした。

sayoko_yamaguchi

映像作品の展示も多くて、とても見応えのある展覧会でした。
それにしても、資生堂の専属広告モデル時代の映像やポスターの美しいことと言ったら!!
本当に、ため息が出ました。

女性目線の東京シェアオフィスレビュー 蒲田 キネマフューチャーセンター

今回ご紹介するコワーキングスペースは、蒲田にあります。友人と食事をするまで時間、キネマ通り商店街にあるキネマフューチャーセンターをドロップイン利用しました。
一戸建てをリノベーションしたとホームページにあるとおり、その面影が残るコワーキングスペースです。

東京都大田区初の民設民営のインキュベーション機能を持つ、創業支援、起業支援の場です。

新しい働き方、自分らしい働き方のチャレンジを応援します。キネマ通り商店会の空家の一戸建てをリノベーションした地域のタマリバです。
フレキシブルに集い、発信し、語りあい、新しいイノベーションを生み出す場でありたいと思います。
キネマ通りならでは、映画上映&フューチャーセッションにご利用いただけます。
イベント開催、展示会などにご活用ください。定期的に、コミュニティ、ビジネス、ワーキングスタイル、映画などをテーマに魅力的なゼミナールやイベントを開催しています。
新しいネットワークが拡がり、仕事のパートナーが見つかる場でもあります。是非お気軽にお立ち寄りください!

キネマフューチャーセンター

キネマフューチャーセンター

ホームページ:http://kinemafc2013.wix.com/kinemafuturecenter

続きを読む

【レポート】女性起業家サポートラウンジ 第1回「しごとデザインLab」

昨年秋に受講した、東京都中小企業振興公社の女性起業コースに関連して、「しごとデザインLab」というワークショップに参加しています。
今回の募集はすでに締め切られていますが、「起業してみたいなあ。」「でもどこからはじめたらいいかわからないなあ。」というように考えている女性が、気軽に参加できそうな講座でしたので、様子をお伝えしていきたいと思います。

東京都中小企業振興公社

1「しごとデザインLab」とは

「しごとデザインLab」とは、ご自身の資格・技能・経験などをいかして起業をしてみたいという女性のためのワークショップです。

ホームページには以下のようにあります。

自分らしい生き方の一つとしての起業という選択肢を考えたことはありますか?
ここでは「好きなことを仕事にすること」や「自分でビジネスを創っていくこと」の魅力をお伝えします。

アイデアはあるけれど、これがビジネスになるのかしら?
技能を生かしてビジネスをしてみたい!
など、ビジネスにするには何が必要とされるのか、顧客の課題やニーズはどのようなものなのか、あなたらしさをビジネスに変えてゆくためのワークショップが6月から4週にわたって4回開催されます。

「女性起業家サポートラウンジ」では、「しごとデザインLab」のほかにも、「Woman’s cafe」「Study meeting」といったイベントが開催されていました。

女性起業家サポートラウンジ:起業支援事業|東京都中小企業振興公社
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/sogyo/women/event.html

2. 第1回 2015年6月17日(水)の内容

講師:佐々木 博さん
HP:soanblog創庵 – Inspire Garden 思考の庭に創造の種を蒔こう! http://soan.jp/

しごとデザインLab

続きを読む

【レポート】第4回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

6/17(水)に開催した、第4回 女子たちのファッションとウェブ勉強会のレポートです。
今回はアパレル企業や小売業、不動産業にお勤めの方、アートディレクター、Webディレクター、ITベンチャーの経営者、ヨガインストラクター、ダンサー、ピアニストなど、幅広い職種のみなさま、12名にお集りいただきました。

第4回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

第4回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

みなさんに、それぞれ5分くらいで


1 おすすめのアプリやWebサイト、サービス
2 おすすめの場所

を発表していただきました。
はじめに、みなさんにスマートフォンをお使いかどうか伺ったところ、以前はスマートフォンを使っていたけれど、ガラケーとタブレットに変えた方、ガラケーとPCだけに変えた方がいらっしゃいました。
ガラケーに変えたことで、失ったものと得たものがあると感じるというお話しは興味深かったです。

個性的なみなさんがお集りいただいたせいか、見事に発表内容がかぶりませんでした!お互いに質問し合って、新しい発見に溢れていて、おもしろかったです。
紹介されたのはこういったものでした。

続きを読む

【終了しました】第4回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

昨晩、6/17(水)は「第4回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」でした。

女子たちのファッションとウェブ勉強会

今回は2つのテーマを設けて、参加されたみなさん、お一人ずつに5分くらいで発表していただきました。
参加されるみなさんが、それぞれの得意分野と知識や経験をお持ちですので、それを持ち寄ってシェアする勉強会のかたちを目指しました。
この企画も我ながら、とても良かったです〜!

おすすめのアプリやWebサイト、サービスとおすすめの場所を発表していただきました。
私はフィルターの種類が豊富で、すてきに映る、自撮りスマホアプリとコワーキングスペースのおすすめ情報をシェアしました。
今年の春から、あえてスマートフォンをやめてケータイとPCに切り替えた方のお話しなども興味深くて、みなさん個性的でした。

会場は前回に続いて、神保町Lab and Kitchen(ラボアンドキッチン)
ケータリングにスパイスフードクリエイター、Sippoterry(シッポトリー)さんをお招きして、ひとりひとり、Myお弁当を盛りつけるワークショップもやりました。

女子たちのファッションとウェブ勉強会

準備万端のテーブルを眺める、Sippoterry 杉田志保さん。

女子たちのファッションとウェブ勉強会

美味しそうなお料理を前にして、みなさんの気持ちが一気にあがりました〜!
同じお惣菜なのに、それぞれのお弁当の表情が違って、おもしろかったです。
スパイスといっても辛いものではなく、オリエンタルな感じと言えば良いでしょうか、非日常の味でした。とっても美味しかったです。
お弁当を持ちながらの立食パーティー形式で楽しい交流会となりました。

今回は12名の方にご参加いただきました。お集りいただきましたみなさま、ありがとうございました!また追ってレポートを書きます。

次回、「第5回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」は、7月15日(水)19:30~21:00開催です。
詳細が決まりましたら、お知らせします。
みなさま、どうぞお気軽にご参加ください!

Sippoterry https://www.facebook.com/sippoterry

Lab and kitchen http://www.labpaper.jp/

女性目線の東京シェアオフィスレビュー 渋谷 commun SHIBUYA

出先での打ち合わせの合間などに時間利用できるシェアオフィス、コワーキングスペース、電源カフェのご紹介です。移動中や打ち合わせの空き時間に利用できて便利です。

今回は2015年5月にオープンしたばかりのcommun SHIBUYA(コミュン渋谷)のレビューです。渋谷駅西口を出て、セルリアンタワーの近くにあります。
私は1階のカフェ&フリースペースを利用しましたが、2階は男性専用の簡易宿泊施設、3階、4階は「個室オフィス」を備えた施設です。
受付の方が「宿泊施設はカプセルホテルのようなイメージです。」とおっしゃっていましたが、ホームページやパンフレットの写真を見る限りではもっと広々としています。
毎日、ほぼ満室とのことでした。

commun SHIBUYA

commun

ホームページ:http://commun-shibuya.com

続きを読む

【レポート】KFC「越境EC無料セミナー」

KFC(国際ファッションセンター)特別講座「越境EC無料セミナー」に参加しました。

KFCセミナー
http://www.kfc-fashion.jp/semi/2125.html

今回のセミナーでは、越境ECの中でも、比較的取り組みやすい、「日本のサイトへの来訪者に販売、海外に発送する」方法と、「日本のネットショッピングモールに出店し、そのモールの海外サイトにも商品を掲載、販売する」方法を取り上げ、具体的なサービスの内容や、成功事例についてご紹介させて頂きます。
*KFCホームページより転載

第1部:「ゼロから始める海外販売ー転送コムサービスのECへの活用法ー」
講師:本間哲平氏(tenso株式会社社長室)

本間氏からは、海外販売に取り組みたいと考える事業者さんからいただく質問の内容や、海外販売を行う上でのポイントといったお話があって、そしてこちらの2つのサービスについてご説明がありました。

転送コム
海外のお客様が、海外配送対応をしていない日本の通販サイトから商品を購入したいときに利用。国内でtensoが通販サイトから商品を受け取って、配送手続きなどを代行する。
転送コム http://www.tenso.com/

Buyee
国内の通販サイトで販売している商品情報をBuyeeサイトに取り込んで、通販サイトと海外のお客様との間をつなぐ、購入代行サービス。
Buyee http://buyee.jp/

【感想】

・転送コムのサービス導入は、ご自身のECサイトのデザインに変更はなく(バナーを貼ることくらい)、イメージを保てるのが良いです。バナー掲載は、日本国外からのアクセスに対してのみ表示することも可能だそうです。
・海外のお客様へのご自身の商品の広告宣伝、販売促進、集客は独自でやるしかないです。

第2部:「インターネットショッピングモール【Qoo10(キューテン)」で始める越境EC」
講師:城戸健氏(ジオシス合同会社広報・宣伝ゼネラルマネージャー)

城戸氏からは、ジオシスグループがビジネスを展開している東南アジアのインターネット普及率やECのご説明があって、そしてQoo10についてご説明がありました。

Qoo10
日本のQoo10に出品した後に、グローバルハブサイトに連動の設定を行うと中国、シンガポール、インドネシア、マレーシアへ販売することが可能になる。(各国での販売価格など改めて設定が必要)
タイムセールや様々な仕掛けによるポイント付与など、お客様に毎日サイトを訪問していただき楽しんでいただくためのサービスを工夫している。
Qoo10(日本) http://www.qoo10.jp/
Q0010(グローバル) http://www.qoo10.com/

そのほか、近日中に新しいサービスをリリースなさるとのことでした。

【感想】

・Qoo10は、比較的商品の単価が安く、またサイトとしてもポイント付与やタムセールの実施などをして、価格面での訴求が強いと感じました。
・ご自身の商品の価格やイメージと合致するか、検討が必要です。
・海外配送サービスはQoo10でもご用意がありますが、基本的に自前でやるのでその整備が必要です。

全体を通して感じたこと

越境ECは懸念することは多いのですが、こういったサービスを利用して、できるところから一歩を踏み出して、PDCAを重ねていくのも一つの方法だと思います。

女性目線の東京シェアオフィスレビュー 西新宿 BASE POINT

出先での打ち合わせの合間などに、時間利用できるシェアオフィス、コワーキングスペース、電源カフェを使っています。いつもと違う街、いつもと違う場所でPCに向かうとリフレッシュできて仕事もはかどります。

今回は西新宿駅から徒歩5分ほどの、BASE POINT(ベースポイント)の1階カフェスペースをドロップイン利用したレビューです。
BASE POINTの1Fは「時間制カフェ」、フリードリンクが付いた「時間課金制のカフェ」とのことです。これまで利用してきたコワーキングスペースとは同じようで少し趣がちがいます。
カフェだけにキッチンもあって、ランチメニューをはじめとしてフードメニューも揃っています。

BASE POINT

BASE POINT

ホームページ:http://b-pt.jp/

続きを読む