月別アーカイブ: 2015年8月

女性目線の東京シェアオフィスレビュー 原宿 THE TERMINAL

ドロップイン利用できるシェアオフィス、コワーキングスペース、電源カフェのご紹介です。
厳しい暑さが続いた今年の夏ははじめて利用するスペースの開拓をしていなかったけれど、涼しくなってきたので再開です!
今回ご紹介するコワーキングスペースは、JR原宿駅竹下口から徒歩5分ほどのビル3階にあるTHE TERMINAL(ザ・ターミナル)。ドロップインで利用しました。

THE TERMINAL

THE TERMINAL

ホームページ:http://theterminal.jp/index.html

【レビュー】
・利用には会員登録が必要。必要事項を記入して身分証明書を提示する。登録料150円。
・フリードリンク。
・食べ物の持ち込み不可。パスタやスープ、サンドイッチをオーダーできるのでその飲食は可。サンドイッチ、美味しかった。
・設置されている雑誌を自由に閲覧可能。美術手帳、FIGARO、Ginza、Hanako、IMA、ケトル、Milkなど。
・トイレは男女共用でひとつ。広め。ウォシュレット付き。
・広々とした空間で落ち着いていて居心地が良い。
・原宿にありながら店内は静か。
*2015年8月27日現在の情報です。

THE TERMINAL

THE TERMINAL

【レポート】「第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」

8/19(水)に「第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」を開催しました。
ファッション業界だけでなくIT企業や流通、メーカーに勤務する方など、これまでで最多の19名の方にお集りいただいて情報交換をしました。

2016春夏コレクションの展示会シーズンがスタートするなかでテーマを「展示会」としました。
卸売りを中心とするファッションのデザイナーブランドは、春夏シーズン、秋冬シーズンに分けて年に2回、次シーズンに展開する商品の発注をいただく「受注展示会」を開催するのがこれまでの通例です。

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

ファッションの展示会には、東京ビッグサイトや代々木第一体育館で開催されるような大規模な合同展示会から、グループや単独で企画される展示会もあります。

勉強会に参加されたブランドに携わる方々が関心があるのはバイヤーとの関係の築き方でした。

バイヤーの動向としては下記のお話しが出ました。
– 大手セレクトショップをはじめ、リーマンショック以降から状況が変化。
– 現在は新しいブランドを積極的に求めていないのが実情。
– 売上の見込みがたちやすい、既にお取り引きのあるブランドの買い付けを継続して、別注商品で他店との差別化をはかっている。

新しいブランドなどには厳しいマーケット状況でも、ビジネスを確立しているブランドはあって、一番の強みはやはりクリエイションではないかという意見も聞かれました。
有力なバイヤーの手もとには文字通り山のように展示会インビテーションが届く中で、ご自身のインビテーションに手をとめて、展示会に足を運んでいただくためには、そのインビテーションひとつのクオリティにこだわることもポイントになりそうです。

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

オンライン上での展示受注システムも話題になりました。これまでのオフライン、リアルでの展示会と違ったかたちの提案ができそうです。また通年で随時新しい商品を追加していく形態のブランドにもマッチしそうです。

海外マーケットに向けた取り組みも話題となりましたが、英語でのコミュニケーションに課題を抱えるのブランドも多いようでした。

他業種の展示会についても情報をシェアしていただきました。
ご来場いただいたお客様に自社製品をご覧いただくだけでなく、わざわざ足を運んでくださったお礼や楽しんでいただくことにも大事にしていて、また出展者同士の交流もあって、ある種のお祭り的な要素も含んでいるようでした。

19名の参加者全員にお話しをしていただいて、案の定、時間がオーバーしてしまいましたが、お話しは交流会へ続きました。

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

乾杯〜!
第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

交流会のケータリンングはYasoさんにお願いしました。Yasoさんはこの夏、「しごとデザインLab」というワークショップでご一緒した方で秋にお店をオープンするご予定です。
ご出身地の新潟の食材をふんだんに使った、やさしくて美味しいお料理をご用意いただきました。みんな大満足でした!

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

最後に恒例のみんなで記念撮影です。女性の参加者も多かったです!お疲れさまでした!!

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

次回、「第7回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」は9/16(水)19時半〜、開催予定です。
詳細が決まりましたらお知らせします。みなさまどうぞご参加ください。

【終了しました】「第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」

昨晩8/19(水)、「第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」を開催しました。
今回はこれまでで最多の19名の方がご参加くださいました。

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

「展示会」をテーマに
– 出展した経験のある方
– 行ったことがある方
– 展示会を企画運営した経験のある方
といった角度から意見交換、情報交換をしました。
ファッション業界でいう「展示会」は他の業界の「展示会」とは目的や取り組み方が異なっていて、他の業界の方のお話しやインターネットを活用した展示会のお話しもみなさん参考になった様子でした。

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

交流会はYasoさんの新潟のお米や海の幸をふんだんに使った美味しいお料理と一緒に!
予定時間をオーバーしてお話しが盛り上がりました。

第6回 女子たちのファッションとウェブ勉強会

ご参加いただきましたみなさま、ありがとうございました。お疲れ様でした!
また追ってレポートを書きます。

雑誌「装苑」2015年9月号 ハンドメイドを楽しむワークショップを特集!

2015年9月号、7月28日発売の雑誌、「装苑」

「GIRLS’DIY 装苑・誌上ワークショップはじめました!」

というタイトルでハンドメイドを特集していました。

これからは身につけるだけでなく、自分で”作る”ことでもファッションを楽しんでみませんか?

という投げかけです。

装苑

先月開催した「第5回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」で「ファッション誌」をテーマにみなさんと情報交換したなかで、「以前は『装苑』に毎号、型紙が付いていて、それで洋服を作って着て原宿へ出かけて行ったよね〜!」というお話しも出ていたところでした。

今回の「装苑」には人気ブランドの新作を作ろう!といったコーナーなどで縮小版ですが製図も作り方も掲載されています。製図は原寸大にコピーして使えるはず。

装苑

ほかにもリメイクを楽しむコーナーやアクセサリーの講座など、手作り、ワークショップを楽しむ記事が満載です。

minnneCreemaに代表されるハンドメイドマーケット市場の盛り上がりはみなさんもご承知のとおりかと思いますが、私はCreema主催のイベント、HandMade In Japan Fes’ 2015(ハンドメイドインジャパンフェス)に、今年はじめて行ってみて、その盛り上がりを肌で感じたところでもありました。
レポートはこちらです。

私も昨年6月から毎月、coromozaの洋裁教室に通って洋服を作っています。
日本の一般的なMサイズは私には少し小さいので、自分のサイズに合わせて洋服が作れるのは嬉しいですし、無心になっているようで実は考えごとをしているミシンをかける時間も楽しいです。

既製の洋服やアクセサリーを身につけるだけではなくて、自分のアイデアで手を動かして作った、世界にひとつのアイテム、ファッションを楽しむということがどんどん広がっているようですね!

【9/6開催】Fashion Biz Study 007 ファッションビジネスを始めるにあたって必要な事業計画、資金調達、経営分析の方法を学ぶ講座

Fashion Biz Study

Fashion Biz Study 007
ファッションビジネスを始めるにあたって必要な事業計画、資金調達、経営分析の方法を学ぶ講座
講師:山内真理(公認会計士・税理士)

2015年9月6日(日)18時開催

Baby, I love youが開催のご協力をしています、Fashion Biz Studyのお知らせです。

ファッションビジネスを始めるにあたっては、お金のことをしっかり捉えておくことが欠かせません。

今回の講座では、前半に財務諸表を通じた経営分析の方法を学び、商品企画、製造からECや店舗での小売まで展開する架空のファッションブランドを例に、スタートアップの財務諸表から経営上の課題を読み解く簡単なワークショップを行います。また、商品開発段階でどう価格を決定したらよいか等、原価管理の手法について紹介致します。

前半
・財務諸表の基本構造と読み解き方
・上場アパレル・ファッション企業の財務諸表に見る事業モデルと戦略、リスク
・戦略的原価管理:原価企画、価格決定、ブランディング

後半は、事業計画と資金繰りをテーマに、損益計画の立て方や店舗展開の投資計画、資金計画を実際に架空の事例を使い作成するワークショップを行います。また、併せて創業時に資金調達を成功させるポイントについてもお話いたします。

後半
・事業計画と資金繰り表の作成法
・創業時の資金調達のポイント

今回の講座は単に座って聞くだけでなく、架空ではありますが、財務諸表を分析し、事業計画を作成する形式しました。実際に考え、作成することにより、より理解が進むと思います。

ファッションビジネスを始めようと思っている方、既に始められて、もう一度しっかり学びたい方に、是非とも来ていただきたい講座です。

ご受講お待ちいたしております。

講師プロフィール
山内真理/公認会計士・税理士
公認会計士山内真理事務所Yamauchi Accounting Office代表、Arts and Law代表理事(共同代表)、株式会社ギフティ監査役など。
一橋大学で経済学、ブランディング、マーケティング、戦略論、組織論等を学んだ後、公認会計士試験合格。監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)入所後はミドルマーケットの上場企業、投資組合などへの法定監査やIPO支援に携わり2011年に独立。
現在はIT,クリエイティブ、カルチャー領域のベンチャーのサポートを中心に、デザイナー、建築家、漫画家、音楽家、美術家等の個人や非営利法人の税務にも従事。
会計・税務の専門領域から文化や創造的活動を下支えし、多様な文化活動、経済活動の促進に貢献することをミッションとして活動中。

詳細

日時:2015年9月6日(日)18時~20時 2時間の講座で中に10分程の休憩が入ります。

会費:5,000円 前売はPeatixにて4,500円で承っています。

会場:服も作れるコワーキングスペース「coromoza fashion laboratory」
住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ408 明治神宮前駅7番出口より徒歩1分
電話番号:03-6450-5560 URL:http://za.coromo.jp/

お申し込み先:contact@fashionstudies.org
「Fashion Biz Study 007」への参加の旨と
お名前、ご連絡先(メールアドレス)、ご所属を明記してお申し込みお願いします。
懇親会参加希望の方はあわせてお知らせ下さい。(懇親会は別途会費がかかります。)

※前売はPeatixにて承っております。
前売で申し込まれますと払い戻しはできませんので、ご了承くださいませ。
また申込メールもあわせてお願い致します。
前売はこちらから

Fashion Biz Study 007
主催:Fashion Studies
協力:Arts and Law , Baby, I love you

Fashion Biz Studyは、
ファッションビジネスに必要なスキルを学ぶ場です。
http://fashionstudies.org/fashion-biz-study/

【レポート】HandMade In Japan Fes’ 2015へ行ってきました

東京ビッグサイトで開催されたHandMade In Japan Fes’ 2015(ハンドメイドインジャパンフェス)の2日目に行ってきました。今年で3回目の開催だそうですが私は今回はじめて観に行きました。

HMJ

HandMade In Japan Fes’ 2015(ハンドメイドインジャパンフェス)はハンドメイド、手作り、クラフト作品を通販・販売できるマーケットプレイス Creemaが主催するイベント。
http://www.creema.jp/
日本各地からクリエイターさん約5,000名、4,000ブースが出展とのことです。

HMJ
https://hmj-fes.jp/

SNSなどで、初日は、
「当日券を買うために長蛇の列ができている!」
「いつ買えるのか、いつ入場できるのかわからない!」
といったような書き込みを見かけて、前売り券を買っていきました。

この日も猛烈な暑さでした。
14時ごろに国際展示場駅に着いたら帰る方とも大勢すれ違いました。
出展していた知人に聞いたところ、人気のあるクリエイターさんやブースの商品はオープンしてまもなく売れきれてしまうこともあるそうで、ファンの方々は両日ともオープン前から列を作っていたそうです。
来場者は大学生くらいから親子連れ、おじさま、おばさままで幅広かったです。

このイベントはブースでの物販だけではなくて、
ワークショップ、ライブペインティング、音楽のライブ、飲食ブースなどがあって名前のとおりフェスのように楽しめます。
この猛暑のなか、飲食ブースやライブスペースが屋外だったのはハードでしたが。。。

HMJ

HMJ

国内のハンドメイド市場が年々、活況を帯びているとは見聞きしていましたが、それを肌で感じました。
「ハンドメイド」と聞くと、手作りの手芸的なものを想像するのですが、その枠を超えたオリジナリティのある「本格的」な出展者も多く見受けられました。男性の出展者が多いとのは意外でした。

ファッションの分野では
– 古着のリメイク
– セミオーダー
– 1点もの
– デザイナーブランド
といったブースが見受けられました。

【レポート】第5回 女子たちのファッションとウェブ勉強会 Vol.3

7月15日(水)19時30分〜開催しました、「第5回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」のレポート、第三弾です。

テーマは「ファッション誌」。

・青春時代に読んでいた雑誌
・最近読んでいる雑誌やウェブマガジン
・おすすめしたい雑誌的なウェブやアプリ

といったことを中心に情報交換しました。
第三弾のレポートでは最近読んでいるファッション誌やカルチャー誌、ウェブマガジンや、最近の雑誌などの動向など、勉強会で話題になったことをご紹介します。

参加者のみなさんで共通していたのは、青春時代に比べると最近は雑誌を手に取る頻度が減ったということでした。インターネットを介してショーの画像や映像、トレンド情報やストリートスナップといった豊富な情報がパソコンだけでなく、スマートフォンで移動中にも触れられるようになって、重たい雑誌を持ち歩くことはなくなったというお話しが出ました。
けれでもまったく雑誌を読まないわけのではなくて、歳を重ねるとともにその魅力がわかってきた雑誌や、新しい動きに注目しているといった情報交換をしました。

「Numéro TOKYO(ヌメロトーキョー)」
創刊:2007年〜
発行者:扶桑社

http://numero.jp/
Numero_TOKYO

フランスのファッション雑誌『ヌメロ』の日本版。編集長 田中杏子(たなかあこ)さんが読者からの支持を集めていてブログも人気。
http://numero.jp/akotanaka/

「ミセス」
創刊:1961年〜
出版者:文化出版局

http://books.bunka.ac.jp/onlineMRS/
ミセス

「和楽(わらく)」
創刊:2001年〜
出版者:株式会社 小学館

http://www.waraku-an.com/
和楽

「n magazine(エヌマガジン)」
創刊:2012年〜
出版者:島崎出版

http://nmagazine-tokyo.com/
n_magazine
第一線のクリエイターやモデルを起用して、大学生がアルバイトをしてお金を貯めてほぼひとりで編集をして作ったハイクオリティな雑誌として話題になりました。

「工芸青花」
創刊:2014年〜
出版者:新潮社

http://www.kogei-seika.jp/
工芸青花
会員にならないと買えない雑誌で会費は20,000円、さらに1,000名しか会員になれないという画期的なコンセプトの美術や工芸、骨董を中心とした雑誌。

「coromo」 (ウェブマガジン)

http://coromo.jp/
coromo
「ファッションの文化的価値向上「をコンセプトに、日本ブランドやクリエイターにフォーカスをするウェブマガジン。2015年春から紙媒体の発行もスタートされました。

続きを読む

【レポート】ファッションビジネスにおける模倣品対策 Fashion Biz Study 006 ファッションビジネス法律講座シリーズ

8月2日(日)18時~、開催しました「Fashion Biz Study 006 ファッションビジネス法律講座シリーズ」のレポートです。
講師に山本 真祐子弁護士をお招きして「ファッションビジネスにおける模倣品対策」について学びました。

ファッションビジネスにおける模倣品対策
Fashion Biz Study 006 ファッションビジネス法律講座シリーズ
講師:山本 真祐子(弁護士)
2015年8月2日(日)18時開催

 

Fashion Biz Study

講師の山本弁護士は、弁護士法人内田・鮫島法律事務所で主に特許・意匠・商標・著作権・不正競争防止法等の知財法務を行っていらっしゃいます。また2015年、クリエイティブな文化活動を支援するための専門家NPO「Arts and Law」のメンバーを中心とするプロジェクト「Fashion and Law」に参画されています。

先日、ファッションブランド商品の形態模倣での刑事告訴が受け入れられ、国内で初めて当事者が逮捕されるという事件がありました。
他の業界と比較すると概してライフサイクルが短いアパレル商品はどのように権利保護されるのか。休憩中や講義後にも質問が相次いで、受講者のみなさまの関心の高さが伺えました。

はじめに山本弁護士から本日のアジェンダをご提示いただき、こちらにそって講義を進めていきました。

【概要】
・「模倣」に関わる法律の概要
・どの程度の模倣が法的にNGとなるかの感覚
・模倣されたときの対応方法・注意点
を学ぶ。

【アジェンダ】
・日本におけるファッションの法的保護
・ブランド名・ロゴマークの保護
・デザインの保護
・模倣されたときは?

続きを読む

【レポート】第5回 女子たちのファッションとウェブ勉強会 Vol.2

7月15日(水)19時30分〜開催しました、「第5回 女子たちのファッションとウェブ勉強会」のレポート、第二弾です。


テーマは「ファッション誌」。

・青春時代に読んでいた雑誌
・最近読んでいる雑誌やウェブマガジン
・おすすめしたい雑誌的なウェブやアプリ

といったことを中心に情報交換しましたが、こちらのレポートでは勉強会のなかで、青春時代に読んでいた雑誌として名前があがった男性誌、カルチャー誌をご紹介します。まず、男性誌です。

「POPEYE(ポパイ)」
創刊:1976年~
出版者:マガジンハウス

http://magazineworld.jp/popeye/
POPEYE

アメリカの文化や生活様式を紹介するコンセプトでスタート。一流行や遊びに敏感な都会的な男子を「ポパイ少年」と呼ぶこともあったとか。「POPEYE」のガールフレンド版が「Olive」。

続きを読む