月別アーカイブ: 2016年2月

【レポート】Fashion Biz Study 009 ファッションビジネスのものづくりに必要な法律講座

2016年2月20日(土)18時より講師に弁護士 馬場貞幸氏と弁護士 山本真祐子氏をお招きして「Fashion Biz Study 009 ファッションビジネスのものづくりに必要な法律講座」を開催しました。

講座の前半は馬場弁護士が登壇されて「製造物責任法」についてお話しいただきました。

FBS009

「製造物責任法」とは「製造物」の「欠陥」によって「生命、身体又は財産」に損害を被った場合に、被害者が「製造業者等」に対して損害賠償を求めることができる法律です。PL法(Product Liability)法とも呼ばれています。
事業として製造を行う場合はその事業規模に関わらず、個人であっても、当然に第三者に対して負う義務で、ファッションビジネスにたずわる方々も正しい知識を得ることが大切です。日本では1995年に施行された法律でファッション、アパレルの分野は判例はまだ多くないそうですが、具体例をあげていただきながら学んでいきました。

「製造物責任法」においては被害者は
1 製造物に欠陥が存在していたこと
2 損害が発生したこと
3 損害が製造物の欠陥により生じたことを
を主張・立証するだけでよく、製造業者等の過失を立証する必要がありません。

「製造業者等」には
1 製造業者
2 加工業者
3 輸入業者
が含まれ、リース業者やレンタル業者、販売業者などは原則として責任を負いません。リメイクは加工業者に該当するので責任が発生します。
OEMなどにより商品を生産する場合も、ブランドは「製造業者等」に当たる場合があります。

FBS009

Fabと製造物責任法の関わりについても触れてくださいました。
ユーザーがFabを利用して制作したものを販売しているか否か、有償か無償かに関わらず、製造、加工、輸入をユーザーが反復継続して行っていると「製造業者等」に該当するため責任が発生します。現行の法律ではお客様からのご依頼で制作したものに欠陥があり損害が発生した場合にもユーザーに責任が発生するリスクがあり負担が大きいのが実情で、法律の適用について検討の必要があると言えそうです。

休憩をはさんで後半は山本弁護士が登壇されました。

FBS009

アジェンダは下記のとおりです。
1 アゾ染料規制に関する法律
2 表示に関する法律
3 デザイン、ブランド名に関する法律

はじめに2016年4月1日より施行される、1 アゾ染料規制に関する法律 についてお話しをいただきました。アゾ染料の一部について肌に直接触れる商品については規制対象となります。

続いて、2 表示に関する法律として、家庭用品品質表示法に基づく、繊維の組成、表示者名・連絡先、洗濯表示についてお話しをいただきました。
家庭用品品質表示法は、一般消費者が製品の品質を正しく認識し、その購入に際し不測の損失を被ることのないように、事業者に家庭用品の品質に関する表示を適正に行うよう要請し、一般消費者の利益を保護することを目的に、昭和37年に制定されました。

消費者庁ホームページの下記に対象品目と品目ごとに何を表示する必要があるか掲載されています。
http://www.caa.go.jp/hinpyo/outline/outline_01.html

洗濯表示は2016年12月1日から国際規格に準ずる表示へ変更が必要となり、旧表示が必ずしも対応していないので注意が必要です。
洗濯表示はハンドメイド作家なども「販売」する場合はつける必要があります。

また、原産国表示について、主に景品表示法との関係で説明がありました。
原産国は、「その商品の内容について実質的な変更をもたらす行為が行われた国」のことをいい、その具体的な判定基準は、こちらのサイトが参考になります。
http://www.jafic.org/pdf/20060606.pdf

FBS009

最後に、3 デザイン、ブランド名に関する法律 として意匠法、不正競争防止法、商標法について判例を交えながらお話しをいただきました。

下記の特許情報プラットフォームでは特許・実用新案、意匠、商標の簡易検索が可能です。
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage

ファッション関連商品でも意匠登録されているものがあるので、講座のなかでは「コート」を例にして意匠権登録の状況をみなさんと一緒にみていくなどしました。

講座の最後の質疑応答の時間には、アゾ染料規制に関連してアンティークボタンを利用するときはどうしたら良いかといったことや、お酒のボトルのデザインと香水のボトルのデザインが酷似しているものについての法律的な解釈についてなど積極的なご質問が相次ぎました。

お足下の悪い中、ご参加いただきましたみなさまありがとうございました。

【レポート】第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会

「第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会」を2/17(水)に開催しました。
前回に続いて「2016年 気になるファッションとテクノロジー」というテーマをかかげて、はじめに私が最近気になっているニュースとしてファッションショーのあり方、時期の再検討についてお話ししました。

NYファッションウィークが消費者重視に変わる?スケジュール再検討
現在NYファッション・ウィークは2月の秋冬コレクションと9月の春夏コレクションの年2回の開催。CFDAはこのスケジュールに対して「店舗に商品が陳列される半年前にコレクションを発表することは消費者の関心を薄れさせ、低価格ブランドがデザインを模倣するのに十分な時間を与えてしまう」と主張しており、コレクション発表と同時にアイテムを購入できる消費者重視のモデルに組み立て直すことも視野に今回、BCGに調査を依頼したという。
http://www.fashionsnap.com/news/2015-12-17/nyfw-open-to-public/

第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会

第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会

これまでファッション業界では商品発売の半年前にショーやプレゼンテーションなどを開催して新作を発表、そして関係者向けの展示受注会を開催して卸先様からのオーダーと取りまとめて商品の生産に入るというスケジュールが主流でした。
ところが近年、SNSの台頭など情報発信環境が変化し、ショーが行われるやいなや、世界中にその情報が伝播するような時代となりマーケットが変化してきました。
ショーの映像や画像を見て、「いいな!」「欲しいな!」と思った商品を半年もお待たせすることなくその高揚感をキープしたままにお客様にお買い求めいただける仕組みが構築されていくようです。

この動きが世界的に広まっていくのか、大手ブランドに限った話しになるのか、どのような影響が出てくるのか関心があります。

ショーとして広く発表するのは店頭展開直前に変更されるものの、その一方で商品の生産を鑑みると、関係者向け展示受注会は従来と同じようなスケジュールで行われていくのかなとも思います。東洋経済オンラインに参考になる記事があったので転載します。
バーバリー大胆「新商法」の大きすぎる波紋 半年前倒しのコレクションを廃止へ
http://toyokeizai.net/articles/-/105213?display=b

今回の勉強会に参加してくださった他の業界でお仕事なさっている方から
「そもそもどうして半年前に発表してきたのですか?」
「洋服を買うときにみなさんSNSを参考にしているのですか?」
という質問をいただいて、話題は広がっていきました。
総務省の「情報通信白書」や「消費動向調査」のデータも参考にしながら市場の変化を追ってみました。

今回も洋服やアクセサリーに携わる方々をはじめ、メディアやITに携わる方などにご参加いただいて広い視野で情報交換が行われました。この勉強会直前に1週間ほどニューヨークへ出張されていた方に最新情報をシェアしていただくなどもしました。

第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会

第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会

第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会

第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会

第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会

第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会

懇親会までみなさんご参加いただきありがとうございました!
次回、「第13回 あさってのファッションとウェブの勉強会」は3月16日(水)19時30分から開催予定です。
みなさまぜひご参加ください。

クリエイティブナイト vol.12 「編装会議」へ

ファッションデザイナーでアートディレクターで大学教授でもある津村耕佑さん主催のパーティー形式のファッション勉強会、編装会議に参加しました。
今回はかつて万世橋駅だった、線路と線路の間にあるカフェ&和酒 N3331クリエイティブナイトvol.12として開催されました。

「民族衣裳、ボンテージ、ゴス、パンク、ボディーアートなどなど、世界中の異色なスタイルの映像を見ながら、美味に酔うパーティー&会議です。ドレスコードは赤、思い思いの衣装でおこし下さい。着るアートも大歓迎。尚、秘蔵画像などお持ちくだされば、出来るだけご紹介したいと思いますよ。」〜津村耕佑

こんなメッセージが発信されていたので私も赤いニットで出かけました。
津村さん曰く、「意思を表す赤」だそう。

クリエイティブナイト vol.12

津村さんの視点で選ばれた1,000枚の写真がランダムにフラットに紹介されていきます。ひとつひとつの写真に津村さんがコメントをして、会場からは「おお〜!」とか「はあ〜!」といったため息がもれたり、どよめきが起きたり。ひとりひとりにサーブされる食事をいただきながら楽しみました。

クリエイティブナイト vol.12

コンゴ共和国の「サプール」。NHKの特集番組を見ましたが、裕福とは言えない生活を送りながらもお給料の多くをつぎ込んで高級ブランドの服でとびっきりのおしゃれをしてステップを踏んで街を歩き、決して戦うことをしない集団と聞きます。
津村さんの若かりし頃、80年代は毎週末がパーティで、多くの人が夜な夜な着飾って出かけていたけれど最近はそういう場が少なくなったよねというお話しも。
たまには気張って着飾って楽しむ時間を私も持ちたいですし、またそういう場を作りたいです。

クリエイティブナイト vol.12

バスキアがかけているこのサングラスはイッセイミヤケで津村さんがデザインして大ヒットしたのだそう。

クリエイティブナイト vol.12

これでもか!というハイウエストなデザインとやかん。

クリエイティブナイト vol.12

バシっときめたシルバー世代の男性たちの写真に会場からは感嘆の声も。

1,000枚の画像は、各国の民族衣装、3Dプリンタで作られた洋服、タトゥーで彩られたボディーアート、秋葉系、制服、最新コレクションショーなど本当に様々で、「装う」ことについて普段と違う視点から想いをめぐらせることができました。

パーティーの後半には参加者全員が自己紹介をして交流する時間も設けられて、津村さんを中心に会場がまとまるすてきな「会議」でした。
装うって楽しい!

【参加者募集】2/17(水)開催 「第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会」

ファッションとウェブ、テクノロジーを中心に、その周辺の文化や 生活についてみんなでお話しをする勉強会、「第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会」のお知らせです。
1月の勉強会では時間の都合でほとんどお話しができなかった、 「2016年 気になるファッションとテクノロジー」を あらためてテーマに取り上げます。

テーマ:2016年 気になるファッションとテクノロジー Part.2
最近気になっているファッションとテクノロジーについて情報を持ち寄ってみんなで意見交換しましょう!

ご参加をご希望の方は下記メールアドレスまで ご連絡をください。
ozawam@babyiloveyou.jp

昨年2月にスタートしたこの勉強会が丸一年を迎えました。初回の第0.1回を開催したのと同じ場所でおこないます。
みなさまのご参加をお待ちしています!


「第12回 あさってのファッションとウェブの勉強会」

開催日時 : 2016年2月17日(水) 19:30~21:00 *終了後、別場所で懇親会を開催します。
開催場所 : 渋谷 STAY HUNGRY 大会議室 https://dots.bz/
東京都渋谷区神南1-20-7 川原ビル4階
*コワーキングスペース Connecting The Dots の4階です。
参加対象者 : ファッション・ライフスタイル分野のデザイナー、ブランド運営者、Webやオンラインショップ担当者、プレス、販促担当者など
定員 : 15名
参加費 : 1,500円 当日、お会計させていただきます
連絡先 : Baby, I love you Inc. 小澤 恵
ozawam@babyiloveyou.jp http://ozameg.com/blog

第12回 あさってのファッションとウェブ勉強会