【レポート】女性起業家サポートラウンジ 第2回「しごとデザインLab」


「しごとデザインLab」というワークショップに参加しています。その第2回目のレポートです。
昨年秋に受講した、東京都中小企業振興公社の女性起業コースに関連して受講しています。
第1回目のレポートはこちらをご参照ください。

東京都中小企業振興公社

1. 第2回 2015年6月24日(水)の内容

講師:佐々木 博さん
HP:soanblog創庵 – Inspire Garden 思考の庭に創造の種を蒔こう!  http://soan.jp/

しごとデザインLab

「あなたらしさをビジネスに変えてゆく」、4週にわたって計4回、開催される、「しごとデザインLab」

「自分ならではのしごと」を作っていくために
・私が持っているスキルや経験、得意なことはなんだろう?
・私が好きなこと、やりたいことってなんだろう?
・社会の多くの人が求めているもので私が提供できることってなんだろう?
このようなことを見つめていきます。

##好きなこと##

第2回目は、受講者がそれぞれの
・好きなこと
・時間を忘れて夢中になってやること
を現在、過去を振り返ってポストイットに書き出して、みんなでシェアすることから始まりました。
好きなことを話すときは、みなさん表情が輝いてきます。
「私はこれといって夢中になるようなことがないのですが、、、」と話しはじめた方も
講師の佐々木さんのリードでよくよく聞いていくと
子どものころや学生時代に好きだったことを思い出されたりしました。

・手を動かして創ることが好き
・育てることが好き
・人とふれあうことが好き
・旅が好き

多くの方が、好きなことや夢中になってやってきたことが、ストーリーとしてご自身のこれからの事業につながっていました。

佐々木さんから、
ご自身の事業に関連する「小さなこと」をタダでどんどんシェアしていきましょう!
というお話しがありました。

ご本人は好きだから、その分野について深堀りした情報や知識をを持っています。
「これは当然、みんなが知っていることだろう。」と
「小さなこと」だと思っていることが、
実は他の方には新しくて、役に立って、喜ばれるということがあります。
そういった情報をシェアしていくと
「お金を払うので、もっとこういうことを教えてほしいのですが。」といったように
お客様になっていただける可能性が多いにありますよ!というお話しでした。

##アイデアを出し合う##

3、4人ずつのグループに分かれて、ワークを行いました。

1 それぞれの事業の「顧客課題」と「顧客プロフィール」をワークシートに書く
2 それを隣の席の方にまわす
3 読んで思いついたことを、キーワードでも絵でも良いので2,3分で書き込めるだけ書く
4 隣の方へシートを回して、次の方のシートを同じように埋めていく
5 これを3周ほど繰り返す

自分のシートが手もとに戻ってくるとそこには様々なアイデアが書き込まれていました。

##顧客が欲しがる製品やサービスを創る##
「しごとデザインLab」ではそれぞれの「顧客」と
提供したい製品やサービスがフィットしているかどうかを
何度も繰り返し見つめていきます。

・顧客対象は誰?
・その顧客が努力して手に入れたいもの(願望)とは?
・顧客が抱えている課題や悩みは?
・顧客が得たい喜びや成果は?

それを踏まえて、事業アイデアを考えます。

・製品やサービスを書き出す
・顧客の課題や悩みを解決する方法を書き出す
・製品やサービスによって顧客の期待にどのように応えられるか?

佐々木さんの用意してくださったテキストに書き込んでいきました。

##プロトタイピングにむけて##

次回の講座までに、今回の作業を続けて出てきたアイデアを、
今すぐ実践できる小さなアイデア(プロトタイプ)にして
周りの人に試してもらってその感想を聞いてみる。

2. 感想

みなさんの発表を聞いて、私も発表をして、客観的に見つめることができました。
「しごとデザインLab」では、「顧客」を見つめること、その事業にニーズがあるのかを繰り返し考えています。
自分の好きなこと、やりたいこと、提供できることが、顧客の課題を解決できるのだろうかと何度も考えて、アイデアを出し直します。
起業にあたって、そして事業を続けていくときにもとても大切なことを熟考する機会をいただけて良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です