月別アーカイブ: 2015年1月

【ファッションビジネス用語】顧客

アパレルの業界紙、繊研新聞の「FB(ファッションビジネス)用語解説」コーナー。
日常的に使っている用語を立ち止まって確認できて助かります。
今日、1月30日は「顧客」でした。


繊研20150130

《顧客》
属性のわかる常連客

お得意の客、常連客のこと。
英語のcustomerと、ほぼ同意語。
小売店から見ると、顔や名前がわかり、属性が特定できるカード会員などを指す。
買い物を目的とせずに立ち寄る客と区別して使う。
とりわけ、購入額が多い客は上顧客と呼ばれることもある。
消費市場が成熟し、企業・店が主導する商品やサービスの競争では差別化が難しいため、企業側が自らの顧客の欲求や必要性を効果的に満たそうというCS(customer satisfaction、顧客満足)の考え方が欠かせなくなった。
同一顧客に繰り返し購入してもらう仕組みづくりも活発だ。

*2015.1.30 繊研新聞より

こうして改めて解説してもらえると頭がすっきり。
「顧客」の対義語として、商品を買う特定のお店を持たずにそのとき気になった、便利なお店で買うお客様を「フリー客」「フリーのお客様」と呼んでいます。
*「フリー客」をネットで検索してみたところ、正しくは「振り客」「振りの客」では?という記事がいくつか出てきましたが、業務の中で「フリー客」として使っているのでこの表現で続けます。

商売をしていく上では、フリー客に再来店を促す施策を行い、顧客となっていただき、そしてできるだけ長く顧客で居続けていただくための取り組みが常に必要で、これはオンラインショップもリアルショップも変わりはありません。
お客様に喜びや楽しさ、驚きを感じていただけるように、そしてご来店いただいて購入していただけるように、各社、様々な工夫をしていらっしゃいます。

こうした取り組みは顧客リストがあってはじめてスタートしますが、ECで言いますとショッピングモール型のECサイトの場合、顧客情報は原則的にショッピングモールが所有していて開示していただけずアプローチすることができません。
自社直営ECサイト構築の意義は、顧客リストという資産の獲得にもあると言えます。

【レポート】イーコマースEXPO パルコ セミナー

3週続けてビッグサイトへ。
昨日はイーコマースEXPO 2015 東京
9時前に会場に到着すると、看板に光が射していました。縁起が良いかも?!
ecexpo

2015年1月19日でPARCO CITY (パルコシティ)がクローズし、株式会社パルコが手がける新しいEC、カエルパルコの取り組みに注目していました。その講演に参加してきました。


パルコのオムニチャネル戦略
~店頭キュレーションEC
【カエルパルコ】

株式会社 パルコ
WEBコミュニケーション部 担当課長
唐笠 亮 氏

【講演内容】

多様化する販売チャネルへの対応に積極的に取り組むPARCOは、テナント店頭スタッフの接客力を活かした商業施設の新しいECの形=店頭キュレーションEC『カエルパルコ』をスタートしました。「24時間 PARCO」「オムニチャネル」をキーワードに掲げる商業施設PARCOのWEBコミュニケーション戦略やオムニチャネルへの取り組みを紹介します。

*サイトより転載

続きを読む

【EC】東京アパレル物流連絡会(TAP) 賀詞交歓会

オンラインショップは、お客様からご注文いただいた商品を間違いなくご指定の日時にお届けしてはじめて成立します。

この当たり前のことが、例えば、一日に莫大な数のご注文をいただくセール期間であっても、日々、滞りなく行われることが容易いことではないと前職のオンラインショップ担当として痛感しました。
物流事業者が提供することも多い、フルフィルメントサービスの動向にも注目しています。

今日は東京アパレル物流連絡会(TAP)の賀詞交歓会に参加させていただきました。
東京アパレル物流連絡会(TAP)はアパレル企業の物流部門やシステム部門を中心に物流企業などの関連企業も会員でいらっしゃる、業務改善のための情報交換や業界基準の提言などを行っている業界団体です。
今日もみなさんから貴重なお話しを伺うことができました。
そして新春記念講演は琴欧洲親方。
お弟子さんたちを育てていく苦労話しは企業にも通ずるところばかりでした。
ツーショットを撮っていただきました!

二次会まで参加させていただいて遅くなりましたので今日はこの辺で。

IMG_8657.JPG

【展覧会】活動のデザイン展

東京ミッドタウン 21_21 DESIGN SIGHTで2015年2月1日(日)まで開催の展覧会、「活動のデザイン展」
私が行ったのは昨年12月下旬ですが遅ればせながらレポートを。
展覧会概要に「こうした時代に大切なのは、それぞれに考え、動き、確かに伝えることではないかとの問いをもとに、本展は企画されました。」とあり、うなずきました。

24組のプロジェクトの中で一番、こころ惹かれたのが、「ロースさんのセーター」という作品です。

アノニマスな行為をたたえ、記録する活動
DNAシャロアー&クリスティン・メンデルツマ/ヴァンスファッペン 「ロースさんのセーター」
2012年

SwetersbyLose1

続きを読む

【EC】JFW-IFF/FBS プラスアルファ・コンサルティング セミナーレポート

複数のブランドを取り扱うファッションECサイトの課題のひとつと言われるのが、お客様や商品のデータ分析が不足していて、「個」客対応が十分でないということです。
裏を返せばその対応によって売上アップのチャンスがあるということで、市場では様々な顧客管理システム、CRM(Customer Relationship Management)が提供されています。

今日はお昼から東京ビッグサイトのJFW インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)ファッションビジネス・ソリューション・フェア(FBS)へ。

既存顧客育成で収益向上
最新CRMシステムのご紹介
〜200社を超えるEC事業で鍛えられたWebマーケティング強化のご提案〜

株式会社プラスアルファ・コンサルティング
カスタマーリングス事業部長
鈴木 賢治 氏

スクリーンショット 2015-01-23 20.45.55

セミナーの中でも触れられましたが、多くの企業がリソース不足の問題を抱えています。
システムの導入によって、スタッフが手でデータ抽出し、加工するといった作業からから解放されてより建設的な業務に時間を費やすことができれば、さらに売上アップが見込めそうです。

昨日投稿した、オムニチャネル戦略とも話しがつながりますが、あらゆるチャネルでお客様に同質のサービスを提供しようとするとき、ECサイトの「個」客対応は重要と言えます。
店頭ではショップスタッフがお客様の好みや購買履歴を把握していて、それに沿った商品をご提案して購買につなげています。
ECサイトでもCRMによってお客様ひとりひとりに合ったきめ細やかなご提案ができたら、きっとお客様に喜んでいただけるのではないかと思います。

【EC】JFW-IFF/FBS ecbeing セミナーレポート

毎日のように業界紙等で「オムニチャネル」という言葉が見受けられます。
ファッション業界において求められる「オムニチャネル戦略」とはどういったものでしょうか。
お客様は実店舗、直営(自社)ECサイト、ネットファッションモール内のショップなど、そのときにご自身に都合の良い販売チャネルで商品を購入して、
ホームページ、DM、SNSといった様々なメディアから情報を入手する時代です。
これらのチャネルを連携させて積極的にお客様にアプローチしていこうと多くの企業が取り組みを始められています。

2015年1月21日(水)〜1月23日(金)まで東京ビッグサイトで開催中のJFW インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)ファッションビジネス・ソリューション・フェア(FBS)の中でも株式会社ecbeingのセミナーでオムニチャネル戦略について取り上げられました。

オムニ時代のアパレル直営サイト成功法則
~ネットの強化が成功の分かれ道!~

株式会社ecbeing
執行役員
マーケティングソリューション部 部長
布田 茂幸 氏

オムニチャネル戦略として、実店舗とオンラインショップを連携させるには直営(自社)ECサイトが必要不可欠です。
セミナーの中では成功事例として2014年10月にサイトリニューアルしたnano universe(ナノ・ユニバース)が取り上げられました。

スクリーンショット 2015-01-22 14.20.26

会員データやポイントは自社ECサイトと実店舗で共有され、ECサイトの商品詳細ページでその商品の全国の店頭在庫を確認することができるとのこと。
そのほかにもきめ細やかなサービスが実装されていることが特徴的でした。詳しくはこちらで。

リニューアルにあたって議論される中で、
「それはお客様に喜んでいただけるものなのか?」
「楽しんでいただけるのか?」
「お客様にとって便利なのか?」
といった言葉がよく聞かれたそうです。

「オムニチャネル」という言葉に踊らされず、お客様の視点を大切にした戦略を立てていくことも成功の鍵になりそうです。

【SNS】JFW-IFF/FBS Twitter Japan セミナーレポート

IMG_8591.JPG
今週も東京ビッグサイトへ。
今日はJFW インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)と同時開催されている、
ファッションビジネス・ソリューション・フェア(FBS)で、まずはTwitter Japan株式会社のセミナーを拝聴しました。

私は毎日Twitterを利用しています。
大事な情報収集ツールで、そして今、この瞬間の気持ちの高鳴りを発信して共有できる、ライブ感のある特異なアプリケーションだと思っています。

Twitter for Fashion
4つの特徴を生かしたTwitterのマーケティング活用術

Twitter Japan株式会社
シニア アカウントエグゼクティブ
泉 亮介 氏

ブランドや企業からの情報発信、お客様とのコミュニケーション方法が日々、変化していく時代。
SNSは欠かせないツールとなったことは私が言うまでもありません。
そういった中でTwitterの特性を活かして、どのような広告宣伝や販売促進に取り入れてられるかのヒントがありました。

オンラインショップの分野にフォーカスすると、オンラインショップ利用者の54%がTwitterも利用しているそうで、親和性の高いアプリケーションと言えます。
たまたまTwitterで商品情報に触れたお客様がオンラインショップをチェックして購入へつながったり、購入後にはお客様が自ら「これ、買っちゃった!」とTweetして商品情報を拡散したり。

Twitterの使用事例のトレンドの一例として、テレビと連動した販促企画が取り上げられました。
例えば、あるテレビドラマで女優さんが着用しているアイテムの情報をネットショップの商品ページのリンクも付けて、放送時間に合わせてTweetするといったものです。

Baby, I love youではそれぞれのブランドや企業にとって、どのSNSをどのように活用していくことが効果的か、お客様とのコミュニケーションのプランをご提案していきたいと考えています。

『Fashion Biz Study 003 ファッションビジネスのための法律講座 2』

IMG_8570.JPG

Baby, I love youとしてご協力させていただくことになりました、
「Fashion Biz Study」のご案内です。
こちらはファッションビジネスの世界で必要なスキルを身につける講座のシリーズで、今回は
2月8日(日)18時~
2月15日(日)18時~
の2日間にわたって開催されます。


『Fashion Biz Study 003 ファッションビジネスのための法律講座 2』

「ブランドデザインのための商標」と「商標登録ワークショップ」
第1回のご好評を受け、今回はブランドの価値を高め、生かすための商標権の基本と実践を学びます。

続きを読む

【Wearable】第1回ウェアラブルEXPO レポート 続き

ウェアラブルというテクノロジーにファッションが融合する可能性を探りに訪れた第1回ウェアラブルEXPO
ファッションに近いところでは新しい機能を備えたテキスタイルなどが発表されていました。

グンゼ株式会社
導電性ニットを織り込んで電気を通すことで発熱するソックスや、電飾が光る、音が鳴るニット素材を展示。

IMG_8493.JPG

 

続きを読む

【Wearable】第1回ウェアラブルEXPO レポート 基調講演

IMG_8535.JPG
第1回ウェアラブルEXPO 2日目。
ウェアラブルというテクノロジーにファッションが融合する可能性を探りに、この日はまず基調講演へ。

2015年1月15日(木) 9:30-11:00
「ウェアラブルコンピューティング 普及のシナリオ 〜いよいよ本格的に展開するウェアラブルデバイスの動向と将来〜」
神戸大学大学院 工学研究科電気電子工学専攻 教授 塚本昌彦 氏

2001年から毎日ヘッドマウントをつけて生活していらっしゃるという塚本さんがウェアラブルのこれまでの流れや製品の紹介、今後の課題、そしてウェアラブルデバイスの普及のポイントといったことをお話しされました。

続きを読む